ごあいさつ

広田内科クリニック 院長 廣田彰男

 私は、むくみとその病態であるリンパ循環を専門としている内科医です。
 むくみの原因は様々で、心臓や腎臓などの内臓からくる全身性のむくみもあれば、静脈やリンパなどの局所の原因によるものもあります。
 これまで勤務していた病院での実際の診療の場ではリンパ浮腫の患者さんにお会いする機会が多くありました。

 当院は平成14年3月1日開業致しました。内容的にはリンパ浮腫が中心の専門クリニックです。
 これまでリンパ浮腫はほとんど保険適用がありませんでしたが、平成20年4月弾性スリーブ・ストッキングが保険適用となりました。しかし、そのほかのリンパドレナージュや投薬、診察などは適用となっておりません。そのため、ほとんどの患者さんがリンパ浮腫、もしくはむくみ関連の疾患である当クリニックでは自由診療とさせて頂いております。
 自由診療と言うと高額のイメージがありますが、弾性ストッキング・スリーブについては保険が使えますので他施設と同様、リンパドレナージュについてはどの施設でも保険は使えませんから、これについても他施設と同様です。リンパドレナージュ料金は開院時から変更しておらず、たとえば脚では約60分で\6,000、腕では約40分で\4,000のままですので、むしろ割安かもしれません。診察料については、初診は約1時間弱で\10,000程、再診は¥2,000の時間制を基本としております。血液検査などはこれまでのデータを拝見することで十分ですのであえて致しません。その後の通院回数も安定すれば年1~2回と少なくし、料金的なご負担を軽くするよう心がけております。

 リンパ浮腫は一般的に概念がよく知られていないため、患者さんの多くはリンパ浮腫とは何か、治療の仕方は?など多くの疑問をもって受診されます。また、実際に診療に入ってからも、包帯の考え方や巻き方、弾性スリーブ・ストッキングの使い方、マッサージの仕方、など馴染みのない方法ばかりで多くの疑問が湧いてきます。そのような事情を踏まえ、できるだけご説明に時間をかけるように心がけ、基本的に予約診療とし、初診時は30分以上、再診時は10分を基本としています。それでもおそらく時間は足りないくらいだろうと思います。
 このHPをお読みになると、とても詳しく書いてあるのですべて分かったような気持ちになる方が多いようです。ですが、これはあくまで一般論でほんの一部と言っても良いかと思います。

 開院後、これまで東京専売病院、イシカワクリニックや後藤学園附属クリニックで受診されていたほとんどの方々がおいで下さっています。平成23年21月現在ご来院頂いたリンパ浮腫の方は約7,500名を超えています。開業前の方を加えますとおそらく10,000名程のリンパ浮腫の患者さんにお会いしているだろうと思います。多くの方は患者さん同志の口コミや主治医の先生からのご紹介です。これは私にとって何よりの支えであり、感謝申し上げます。

 クリニックの所在地千歳烏山は馴染みのない方も多いかと存じますが、駅に面した商店街は”ちとから商法”と言われ、意外と有名な街です。結構洒落てはいるのですが、物価が安く、食べ物屋が多く、そして何より活き活きとした明るい活気が満ち溢れているような所です。
 こんな街の”気”をもらって、今後もますますリンパ浮腫、そしてむくみ疾患の診療に真摯に取り組んでいきたいと考えております。何卒よろしくお願い申し上げます。
Copyright© 1998-2013 MUKUMI.COM All Rights Reserved.managed by RCMS